蚊の季節

蚊の季節

かゆい!!

梅雨明けくらいから夜寝る前などによくぶんぶんと耳元でうるさい虫が多くなってきますよね。そう、蚊です。

虫嫌いの私にとってコバエや蚊でさえ気持ち悪くて叩いてつぶすこともできないし、家の中にいると思うと恐怖で家の中にいたくなくなってしまうほどです。

昨年は蚊取り線香をたいたり虫除けバリアを玄関に置いたりして対処していたのですが、今年は1歳になる息子が家で暴れまわるので危なくて蚊取り線香なんてたいていられません。

仕方なく虫除けバリアのみの対応で我慢していましたがついに出ました。

夜息子がすやすやと寝てさてそろそろ私もゆっくり…なんて考えていると、

ぶ~ん、ぶ~ん。

あのとっても不快な音がするではないですか!!!

仕方ないのでいびきをかきながら爆睡している夫をたたき起し(蚊だったらできないけれど)、蚊がいるから退治してほしいと言いました。う

ちの夫はこういうとき文句ひとつ言わず対応してくれます。よくできた夫。いえ、私の教育の賜です。

何故ならたった虫ぐらいで騒ぐなといった夫と大喧嘩し1週間近く口を利かないことがあったからです。たかが虫、されど虫。怖いものは怖いのです。

そして電器を付け捜索を開始。耳元で不快な音がするのになかなか仕留めることができません。悔しい思いをしながら探していましたがいつのまにか見失ってしまいました。

すると夫は「あいつはオスやからかまへんやろ」なんて適当なことを言うではありませんか。

夫はA型、私はO型。噛まれるなら私やんって反論をしました。

やっぱり血液型によって蚊にかまれるかまれないって変わる気がしませんか?

O型の人ってよく蚊にかまれるイメージがあります。そしてABの人ってあんまり噛まれないような…

太っていたりすると噛まれるとかは良く聞く気がします。でもそういうのってどこまで本当なのかは私たちでは判断できませんよね。

でも噛まれたらかゆいそれだけは確実に分かります。

蚊はしばらく出てこなかったので諦めて寝ました。

?「かまれたわーかゆい!」

朝から夫がそんなことを言っているのを横目で見ながら血液型ってやっぱり関係ないのかななんて思ったのでした。

洗顔石鹸

友人と合わなくなってきた金銭感覚

家庭を持って子供を持って感じること、それは友人との金銭感覚の違いです。

学生時代の友達とは、当時価値観や感覚が合っていたから仲良くなったのだと思います。

そいて社会人になってもその感覚は変わりませんでした。

独身時代は自分で稼いだお金はそのまま自分のものでしたし、ボーナスが出れば一緒に奮発ディナーに行ったり、エステへ行ったり、ブランドものを買いあさったりもしました。

しかし結婚して子供が出来て、自分のためだけにお金を使うことが出来なくなると、

まだ独身の友達とはあまり遊ぶことができなくなりました。

ランチで出せるのは¥1500まで、ディナーでも¥5000はかなり厳しいです。

お金が全くないわけではないのですが、少しでも子供の将来のために貯金をしたいと思うと、エステやブランドものなんてとてもじゃないですが手が出ません。

この気持ちは同じ母となった友人は共感してくれるのですが、

まだ独身の友達からは「昔と変わったね」なんて言われ、

今やママ友となった友達と仲良くしていると、

「やっぱり既婚者と独身は違うよね」と線引きされてしまいます。

いつまでも仲良くいたいので悲しい言葉ですが、

これはしょうがないことなんでしょうね。

たしかに変わってしまったのはわたしの方なのですから。

そうなると必然的に、付き合うのは家庭を持っている友人ばかりになります。

こういうのって男性も同じなのでしょうかね。

ちょうど今日インターネットのニュースでこんな記事を見ました。

30代男性 既婚者 子供2人有り おこづかい制。

「部下から仕事の相談をされても、『軽く飲みながら話そうか』なんて言えません。それでも帰宅して子供の寝顔を見るとがんばれます。」

というようなことが書いてありました。

皆さんそれぞれ我慢するとこはあるんですね。

うちの夫もそういう思いをしているのでしょうか。

先に書いた独身時代の友達とは、今は会うのはお正月とお盆だけになっています。

いつか子育てが終わって、

学生時代のときのように皆で旅行なんかに行けたらいいなぁと、

そんな日を夢見て過ごしています。

昔からの友達は大切にしたいですよね。

太ももやせ